読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小牧の図書館を考える会

平成26年4月に 小牧市の 山下史守朗市長は 「武雄市モデル図書館」を小牧に建設すると発表されました。  「武雄市モデル図書館」とは何か。小牧市民にとって良い物なのか、それらを市民の皆さんと考えていきたいと思います。

50名超える方の参加で活発な意見・質問が!!

 4月9日(日)小牧市公民館視聴覚室で開かれた「小牧の図書館を考えるつどい」に50名を超える方が集まり、たくさんの意見や質問が出されました。

 岡本さんの司会で始まり、1)住民投票後からの活動経過報告、2)新図書館建設審議会の答申の総括、3)小牧の図書館を考える会の今後の活動、4)公費支出に対する監査請求などの報告がされた後、意見交流「自分は何ができるか」を皆さんで話し合いました。

 参加者も方々から、審議会の傍聴者が平均約33名・合計17回で557名と、市民の関心の強さや「審議会の議論・答申の成果や問題点」もよくわかったとの声がありました。

再開発ビル「ラピオの再生」には図書館移設しかない

 再開発ビルの「ラピオ」から平和堂が撤退となり空床だらけとなる。A街区に新図書館建設どころの問題ではなく、ラピオの再生が重要課題となった。

小牧駅から小牧山を「歴史と文化が香る」エリアに!!

 小牧駅から小牧山まで約一キロメートルは、日本で最初の石垣のある城、小牧高校の歴史的正門や神社仏閣など「歴史と文化」が一杯のエリアであり、小牧山は緑と自然が一杯の市民の憩いの場所でもあります。

 私たちは、こうした歴史と文化を活かし、既存の施設を積極的に活用することが重要と考え、図書館をラピオに移設し、今ある本館をリニュアル・増設して歴史資料施設とすることが、今求められていると考えます。

f:id:aoiumitosora7:20170414111436j:plain

f:id:aoiumitosora7:20170414111509j:plain

f:id:aoiumitosora7:20170414111542j:plain

f:id:aoiumitosora7:20170414111619j:plain

f:id:aoiumitosora7:20170414111634j:plain